塾講師ってどんなアルバイトなの!?【大学生必見!】

こんにちは、Lucyです!

今回はアルバイト2つ目の塾講師アルバイトについてです

自分は個別指導塾で4カ月間ほどの塾講師歴があるので、今回はこの塾講師のアルバイトについて説明していきます!

まだ、読んでなければこちらもどうぞ!

居酒屋ってどんなアルバイトなの!?【本当にキツいのか?】

2019年9月21日

それでは早速、見ていきましょう!

塾講師アルバイトの基本情報

塾講師アルバイトの基本情報
①時給帯:1000円~
②時間帯&シフト:平日→夕方、土日祝日→1日
③掛け持ち:◎
④外見:決まりがある
⑤キツさ&大変さ:★★★☆☆

①塾講師アルバイトの時給帯

一口に塾講師アルバイトといっても、自分が勤めていた個別指導塾集団指導塾チューターかどうかで時給が変わってきます

それぞれの相場
個別指導塾講師→1200円前後
集団指導塾講師→2000円前後
チューター→1000円前後

大体、このくらいが相場になってきます!

ちなみに自分の時給は1250円だったので、平均的な時給でしたね

②塾講師アルバイトの時間帯&シフト

もちろん塾講師が勉強を教える相手は小学生~高校生なので、
平日は主に夕方~夜にかけて、土日祝日は1日というのがシフトの時間帯です!

自分が勤めていた塾では、
平日は夕方から1コマ60分強が3コマ、土日祝日は昼間から夜にかけて6コマがありましたね

なので、平日は最大で1250円×3コマ=3750円
土日祝日は1250円×6コマ=7500円という感じでした!

ただ、自分が勤めていた塾の塾長は「シフトは勝ち取るもの」という方針を掲げていたので、シフトを入れるのが大変でした(笑)

時給は高いのですがコマ数が少ないため、結果的に稼ぎは少なくなってしまう点が一般的な塾講師アルバイトの特徴です

③塾講師アルバイトの掛け持ち

この塾講師のアルバイトも掛け持ちOKの所が多いですね!

というよりは稼ぎが少ないので、掛け持ちするべきなのではないかと個人的には思っています!

シフトが少ない場合が多いので、他のバイトのシフトとも上手く組み合わせることができるでしょう

④塾講師アルバイトの外見

学校の先生に派手な見た目の人がいないように、塾講師も服装・外見に規制があります!

まず基本的に髪を染めてはいけないところが多いです

これは塾の方針などにもよると思いますが、基本的にはアウトだと思ってもらって問題ないでしょう

また、自分の勤めていた塾はスーツ白衣の着用を義務付けられていました

大学生も学校終わりで来る人が多いのでスーツで来る人はあまりいませんでした

そんな事情のせいだと思いますが、塾のバックグラウンドには白衣がかかっていて、この白衣を羽織るのもOKでした

この白衣派の人が圧倒的に多かったのですね!

この辺も塾によって色々な服装や外見の決まりがあると思います

⑤塾講師アルバイトのキツさ&大変さ

体力的にはラクなアルバイトだと思います!

ずっと座って勉強を教えるという仕事内容なので、飲食のアルバイトのよう体力的に疲れることは無いでしょう

また、集団指導の塾講師にしても立っているか座っているかの違いなので、そこまで変わらないのではと思います

しかし勉強を教えることが難しいと、途端にメンタル的に疲れることが多いアルバイトです

塾講師の仕事内容は「勉強を教えられるかという点」にかかっており、
こちらが理解していない&分からない問題にあたると、途端にハードな仕事になってしまいます

しっかりと、今までの勉強内容を復習しておきましょう!!

塾講師アルバイトの仕事&業務内容って?

この仕事内容も、個別集団か、はたまたチューターなのかによって変わってきますがここでは個別指導塾の仕事内容について触れます

個別指導塾講師の仕事&業務内容
・2人を自分1人で看る
・生徒の分からない問題の解説をする
・宿題の確認
・引継ぎの業務日誌の記入
・理解に役立ちそうな教科書や参考書の記述を探す

仕事&業務内容としては上のような感じです

自分が勤めていた塾では、2つの机の間にイスを置き、2人の生徒を一度に見ていました!

と言っても授業をするわけではなく、
生徒が取り組んでいる課題に分からないところがあれば、その部分を教えるというスタイル」でした

なので、質問などが無ければ暇な時もけっこうありましたね!

また、コマの終わりに毎回何かしらの宿題を出していたので、コマの初めにその宿題についての確認もしていました

1コマが終われば生徒一人ずつに関しての引継ぎの業務日誌に
今回教えたこと」「今回出した宿題」「今回できるようになったこと
などを記述していました

これについては保護者の方も目を通す資料なので、キレイな字でできるだけ埋めなければならなかったのが個人的には苦しかったです(笑)

また、生徒の勉強の理解に役立ちそうな記述を教科書や参考書から探すのも仕事の一つでした

塾の本棚には様々な教科の様々な本が置いてあり、生徒も講師も自由に手に取れたので、そこからそういった記述などを探していました!

塾講師アルバイトのメリット&デメリット

それでは塾講師アルバイトのメリット&デメリットは何なのかを見ていきましょう!

塾講師アルバイトのメリット

塾講師アルバイトのメリット
・生徒に理解してもらえた時が嬉しい
・勉強に対する理解が深まる

生徒に理解してもらえた時が嬉しい

これは塾講師のアルバイトの中で最大のメリットなのではないでしょうか

なぜなら、人に何かを説明するのは本来とても難しいものです

なので、生徒に「なるほど!」や「そういうことか!」と言わせるのは難しい仕事を達成できたということなのです

塾講師の仕事は「勉強を教えること」なので、最も重要な仕事の達成の瞬間でもあります

また、教育関係の学部学科に所属する塾講師の大学生がたくさんいましたが
彼らにとっては良い自信になるのではないでしょうか

勉強に対する理解が深まる

自分がそうでしたが、塾講師も小中高時代には少しなりとも、勉強において理解していない箇所があったりするものです

しかし、塾講師の立場になってもう一度その勉強に関わってみると分かるようになっていたり、より理解が深まることがあります

いまさら理解しても仕方がないじゃないか」と思うかもしれませんが、
人間にとって物事の理解が深まることは楽しいものです

塾講師自身も生徒とともに勉強に対する理解を深めているのです!

塾講師アルバイトのデメリット

塾講師アルバイトのデメリット
・基本的には稼ぎが少ない
・勉強について答えられなければならないプレッシャー

基本的には稼ぎが少ない

上でも言いましたが、塾講師は時給は高いものの最終的な稼ぎは少ないのが難点でしょう

稼いでいる人もいましたが、その分シフトにずっと入り続けなければいけません

もちろん、短い時間でたくさん稼ぐ人もいるかもしれませんが、基本的に他のアルバイトに比べると収入は少ないと思っておくと良いと思います

勉強について答えられなければならないプレッシャー

これは塾講師にとって最もプレッシャーになっている部分ですね

生徒が分からないところを講師に尋ねて、
講師が分からなかったら「講師」としての意味が大きく減ってしまいます!

自分自身もこういった経験が少しあるのですが、
次回までに解決してくるといことで折り合いをつけていました

ただ、塾講師たちももちろん勉強しているので、基本的にはあまりそういったことは無いですね!

ただ、こういった場面は塾講師になると遭遇する瞬間があるかもしれないのは
覚悟しておくべきなのかもしれません!

まとめ

今回は「塾講師ってどんなアルバイトなの!?【大学生必見!】」について説明していきました!

塾講師は体力的には楽かもしれませんが、苦労するアルバイトでしょう

しかし、その苦労以上に得るものも多いので、挑戦する価値アリです!

他にも学生生活に役立つ情報を発信しています

それではまた!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です