旅行のバッグって何を持っていけばいいの!?【これで失敗しない!】

こんにちは、Lucyです!

皆さんは

「パスポートは持ってる! 航空券もホテルも予約してる!」

「あとは荷造りだ! でも、バッグはどうしようかな?」

となることはないですか?

この旅行に行く際のバッグ選びは、案外私たちを悩ます問題ですね

そこで今回は、「日数&計画」「バッグの用途」「航空キャリア」の観点から、失敗しないバッグ選びを解説していきます!

旅行の日数&計画

それでは、早速「旅行の日数&計画 」から見ていきましょう!

旅行の日数から

旅行の荷造りをする段階になると、旅行の日数はすでに決まっているのではないかと思います!

自分は「日数」に合わせてこのようにバッグを大まかに選んでいます

1日~2.3日リュックサック
2.3日~1週間スーツケース
1週間~2週間スーツケースのみ、リュックサックのみ、スーツケース+リュックサック

男女差、価値観の違いやバッグ自体の大きさの違いはありますが、大方このくらいが目安になるのではないでしょうか

ちなみに、自分の今までの旅行を通して、このように旅行バッグを選んできました

今までの旅行の日数とバッグの種類
①韓国の釜山に2週間→スーツケース+リュックサック
②アメリカに2週間→スーツケース+リュックサック
③台湾の台北に2泊3日→リュックサック

これらの選択は荷物の分量や持ち運びの観点からは正しかったと思っています

同じような旅行を計画されている方は参考にしてみてください!

旅行の計画から

また、バッグ選びの観点として旅行の計画も欠かせません!

例として、上の3つの旅行の旅行前の時点での計画を紹介します

旅行の計画
①韓国の釜山に2週間→釜山市内の寮に2週間滞在
②アメリカに2週間→レンタカーでアメリカ南西部を旅する
③台湾の台北に2泊3日→台北市内のホテルに滞在

①に関しては、大学の研修プログラムで訪れたので、現地の大学の寮に2週間滞在しました

そこで、2週間荷物を寮に置いておける&アメニティが不十分かもしれないので色々持っていかなくてはならなかったという観点から、スーツケース+リュックサックを持っていきました!

韓国と日本の文化の違い4選!【意外と知らないかも!】

2019年9月15日

②に関しては、レンタカーでの旅行で車のトランクに荷物をたくさん載せることができたので、スーツケース+リュックサックで行きました

もし、飛行機や観光バスのみでの旅だったとしたら、絶対にスーツケースは邪魔なので持ってはいかなかったと思います

アメリカの旅行はレンタカーでまわれ!?【3つの理由とオススメのレンタカー!】

2019年9月5日

また、③は言わずもがなリュックサックだけでした!

ホテルにはアメニティがありますし、2泊3日であれば荷物はそれなりに少ないでしょう!

台北市内のみ(厳密には十份や九份にも訪れました)だったので、荷物を持ち運ぶ必要がなかったのも大きいです

【ランタンスポット!】十份でのランタンの飛ばし方との十份までの行き方!

2019年10月17日

バッグの用途から

上の「旅行の日数&計画」において紹介したのは、「メイン」バッグです!

そして、必ず「サブ用」のバッグを持ち歩きましょう!

小さい肩掛けのバッグウェストポーチ型が望ましいですね

赤丸で囲っているのが筆者のサブバッグ 服装がダサいのは許してほしいです

ホテルや車にメインのバッグを置いておき
サブバッグに携帯、財布やパスポートなどの貴重品充電器やウェットティッシュなどの小物
を入れていくと良いでしょう!

このサブバッグはかなり重宝するのでぜひ一つ、持っていってみてくださいね

バッグの用途はこのように「メイン」+「サブ」で分けると考えやすいのでオススメです!

航空キャリアから

最近、「LCC」という言葉をよく聞くようになってきましたね!

LCCは「Low Cost Carrier(格安航空会社)」と呼ばれる航空会社のことであり、日本のLCCの代表は「ジェットスター・ジャパン」や「ピーチ・アビエーション」などでしょう

このLCCは、様々なサービスを省く代わりに、低価格での運賃を提供している航空会社です

豆知識
ちなみに、「JAL」や「ANA」のような航空会社は「フルサービスキャリア」と呼ばれています

このLCCで旅行に行く場合はバッグ選びも少し変わるかもしれません!

なぜなら、このLCCは「機内への持ち込み荷物」や「預け荷物」にサービス上の制限があるからです

先日、「バニラ・エア(Vanilla Air)」というLCCを台湾に旅行した時に利用したのですが、このバニラエアの荷物の制限は以下のようでした

まずは機内への持ち込み荷物から

画像引用元:「各種手荷物について 機内持ち込み手荷物  Vanilla Air」- https://www.vanilla-air.com/jp/service/cabin-baggage より

このように「サイズ」「個数」「重さ」にそれぞれ制限があります

なので、機内に荷物を持ち込む場合はバッグが制限に引っかからないかを確認する必要があります

ちなみに、空港では預け荷物のカウンターで自分で荷物の大きさを測定できるコーナーがあったりもします

また、預け荷物については重量やプラン、個数によって別料金がかかってしまいます

なので、LCCで旅行に行く人の中には荷物は預けずに全て機内持ち込みにする人も多々いると思います

こういった航空キャリアによっても旅行に持っていくバッグは検討されるべきですね!

ちなみに、自分が台湾にこのバニラ・エアでいった時には、メインのリュックサックサブ用の肩掛けバッグを機内持ち込みにしました

オススメしないバッグ類

ここまで色んなバッグ選びの観点について見ていきましたが、最後に個人的にあんまりオススメしないバッグ類を紹介します!

オススメしないバッグ類
・高級なバッグ
・トートバッグ類
・ボストンバッグ類

高級なバッグ

まず、高級なバッグは海外旅行には持っていかないほうが良いと思います

なぜなら、航空会社に預けたときに雑に扱われることによって傷や汚れがついたり、盗難に遭う可能性が日本よりも格段に高いからです

荷物を雑に扱う空港の係員もけっこういるので傷や汚れを付けたくなければ、預け荷物にはできるだけしない方が良いでしょう

また、海外に行く場合は何かの拍子に盗難に遭う可能性も無きにしもあらずなのでオススメはしません

トートバッグ類

また、トートバッグ類もあんまりオススメしません

トートバッグを持っていく人は「サブ用」として持っていくのではないかと思いますが、上に挙げた「 小さい肩掛けのバッグ」や「ウェストポーチ」の方が良いでしょう

なぜなら、トートバッグ類よりもこれらのバッグの方が両手をより自由に使えますし、キチンとフタができるからです

両手が自由に使えなければ不測の事態に対処できなくなったりしますし、バッグをフタができればスリや逆に変なモノを入れられる心配が減ります

ボストンバッグ類

「両手を使えるようにしておきたいという理由」はボストンバッグ類もあてはります

また、このボストンバッグに滞在中の全荷物が入っている場合はバッグを持って長時間、歩くときにとても疲れてしまいます

メインのバッグにするならスーツケースが一番良いでしょう!

まとめ

今回は「旅行のバッグって何を持っていけばいいの!?【これで失敗しない!】」について紹介しました!

以上のような観点から旅行に持っていくべきバッグを選ぶべきだということが伝え割れば嬉しいですね!

他にも旅行に役立つ情報を発信しています

それではまた!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です